東京の古地図 1/5次のページヘ

地図名発行年地図の概要(時代背景)
宝永御江戸絵図 記載なし
宝永年間と推定
宝永年間の江戸の絵図。現代の住宅地図のように土地ごと屋敷ごとに名前が描かれている。
泰平御江戸絵図 弘化年間(1845〜1848)頃 将軍が家斉(いえなり)から家慶(いえよし)に変わった。弘化の前の天保では、「大塩平八郎の乱」や「天保の改革」があり、次の嘉永になると黒船の来航があり と歴史的な出来事があった。
東京府管内全図 明治13年(1880年) 東京府は明治元年から昭和9年まで存在しました。
大日本東京全図 明治24年(1891年) 明治22年(1889年)には東京市(15区)が誕生しています。 この地図は銅版彩色で作成されています。
東京府管内全図 明治27年(1894年) 発行
明治32年(1895年) 訂正
明治27年には日清戦争が勃発しました。
東京ー大阪ー神戸間に長距離電話が開通する。
東京全図 明治33年(1900年) 発行 明治31年(1898年)上野に西郷隆盛像が建てられる。
明治33年上野・新橋に日本初の公衆電話が設定された。
19世紀最後の発行の地図。
東京府全図 明治40年(1907年) 発行
明治41年(1908年) 訂正
日露戦争(1904年 〜 1905年)に勝利した2年後の地図。
この年に日本初のガソリン車「タクリー号」が完成。警視庁が東京市内の自動車制限速度を約13kmに制定した。
東京市全図 明治43年(1910年) 発行
明治45年(1912年) 訂正
明治43年に韓国を併合する。朝鮮総督府が設置される。
東京市全図 明治43年(1910年) 発行
大正4年(1915年) 訂正
第一次世界大戦真っ只中のとき。 日本では大正3年(1914年)に東京駅が完成した。
東京市全図 明治42年(1909年) 発行
大正7年(1918年) 出版
大正6年(1917年)にはロシア革命があった。
スペイン風邪が大流行した。第一次世界大戦が終結。
次のページヘ